トイドローンは数分しか飛ばせないって知ってます?予備バッテリー購入

投稿日:2017-09-27 更新日:

こんにちはドローン愛好家えいじです。仕事帰りにトイドローンを飛ばそうと思うと寝不足になりますw

何故か!?それはすーーぐバッテリーが切れるのですが、充電時間が結構掛かるんです。

そんな体験をシェアしてみたいと思います。

スポンサーリンク

トイドローン"F180C"のバッテリーは5分しかもたない。

自分が購入したトイドローン Holy Stone F180C のバッテリーは2つ購入時に入っておりました。その性能は

  • 充電時間:2時間位
  • 飛行時間:10分(バッテリー2個で5分×2)

仕事帰りだと、1日10分しか練習ができません。

充電時間を考えると2回飛ばすのに4時間もかかる!!!

ネットで調べたところ、どのトイドローンでも3~10分程度しか飛ばせないようなのでしょうがないかぁ・・・

と納得しましたが、もっと一度に練習したいと思いました。

ドローンに採用されている「リポ電池」

ドローンはリチウムポリマー電池、通称「リポ電池」を使用しているようです。

この電池は繊細でドローンの本によると

  • 過充電はダメ。電池が劣化する
  • 最悪発火の危険性がある
  • 保管は60%位の充電がよい

と書かれておりました。

ビビリの自分は携帯電話の様に夜充電しっぱなしとかはできそうにありませんw

確かにリポ電池を見ると高性能のわりに見た目貧相でお世辞にも頑丈そうではありません。

ということで、なかなか時間を有効に使えずドローン人生いきなり壁にぶつかっております。

ドローン初心者 飛行訓練10時間の壁

なぜ一度にもっと練習時間を増やしたいと思っているのかというと

  1. 国土交通省への屋外飛行申請には10時間以上の飛行訓練が条件
  2. トイドローンの操縦がかなり難しい為まとめて練習したい
  3. もっと遊びたい

このまま自宅でトイドローン一筋10時間600分をこなすとすると・・・

1日10分=60日も掛かる試算にorz...

それによくよく調べてみると、国土交通省への屋外飛行申請は「10時間トイドローンで遊べば良い」というわけでもなく、色々な技能・テクニックも必要そうなので独学ではなかなかハードルが高そうです。

国土交通省のページに

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領

が掲載されていました。11ページ目に10時間云々が書かれてありました。

後にドローンスクールの無料説明会で教えて貰ったのですが、200g以下のおもちゃドローンは「模型航空機」という分類だそうで、これは「無人航空機」には当てはまらないかもしれないとの事。実際はどうなんだろ!?

少し話しがそれましたが、結局は

「もっと遊びたい」

「上手くなりたい」

ですが、

「1日10分しか遊べないと上手くならん!」

という事です。折角買ったのにこのままでは絶対に飽きる!

そして倉庫に眠る我がトイドローンF180Cのカワイソウな未来が予想されてしまいますw

ということでAmazonでバッテリーを購入する事を決意したのでした!

大人の必殺技「お金で解決作戦」決行です。

トイドローンに必須!予備バッテリー購入

左の2つセットのバッテリーがトイドローンF180Cに初めから入っていたリポバッテリー。

右の6つ同時に充電できるのがAmazonで購入したKeenstone製予備バッテリーです。

この予備バッテリーの充電ですが、過充電保護機能付きとの事でビビリなわたしはちょっとだけ安心です!

これで1日10分しか練習できなかった今までとはおさらば。

1日に5分×8個の40分練習ができるようになりました~!

こちらのバッテリーのスペックは

バッテリー対応機種: Hubsan X4 (H107, H107C, H107D, H107L, V252, JXD385, F180C) Walkera Super CP Mini CP Genius CP Holystone HS170 ラジコンヘリコプター
6ポート充電器対応機種:Hubsan X4(H107 H107C H107D H107L)とJJRC H22 H6D Syma X11 X11C V252 JXD385 F180CとUDI U815 U816A U818A Wltoys V929 V949 V959 Syma X1 X4 X5C MJX T04 T05 F28 F29
Keenstone 6ポート知能的な充電器は同一時間で六つの3.7V電池の充電することを提供できます
電圧: 3.7V 容量: 400mAh  バッテリー重量: 13g バッテリーサイズ: 52.7 x 32.6 x 13.53mm
充電器は過充電保護機能付き 充電器重量:12g  充電器サイズ:12.4 x 12.5 x 45.24mm  注意事項:FQ777とFQ17Wに適応できません

Amazonより引用

とのことで、F180C以外でもHubsan X4という人気らしいトイドローンなどにも使える優れものみたいです。

ちなみに私が購入した時は2,100円でした。

スポンサーリンク

おすすめかも!最強防炎 ! LiPo Guard リポバッテリー セーフティーバッグ

ここまでリポバッテリーが増えるといつか発火してしまうのではないか!?

ビビリな私は考えてしまいました。

眠れない夜を過ごすのはやだー!

ということでバッテリーを保管する袋をその名も

「防爆バッグ」

を購入しました。スゴイ名前wホントに爆発するの!?リポバッテリーw???

これでぐっすり夜眠れます!

Amazonに書いてあったスペックは

難燃性素材バッグでバッテリー保管も安全・安心です!
高さ:23cm
幅:18.5cm
リポバッテリー用収納ケース
アップドラフト事業者JANコード取得済商品

Amazonより引用

ちなみに、私が購入した時はなんと

「120円!」

送料の方が高かったw

というかこれでホントに火災起きないのか若干不安になりましたが、むき出しで置いておくよりは良いかなぁと。

まずは一件落着です!

写真ではバッテリーに対してかなり大きい袋の様に見えますが、かなり頑丈で厚手の袋となってました。

マジックテープも超強力!落としても安心感があり持ち運びもそんなに苦ではないので重宝しております!

トイドローン購入時は内臓バッテリーに注意!

トイドローンのバッテリー方式は下記2種類があるようです。

  1. バッテリー内臓型
  2. バッテリー交換型

なんとなくバッテリー内蔵型の方が高性能な気がしてしまいます。

しかし、ドローン特有の「すぐ電池が切れる」対策としては「バッテリー交換型」が吉みたい。

その方が電池が切れても他の電池を付け替えれば連続飛行できますしね。

友人は交換できない?トイドローンだったらしく全然練習できないと言っていました。

飛行時間を稼ぎたい!

長く遊びたい!

という場合は購入前にそのドローンが「バッテリー交換型か」を確認した方が絶対に良いですね。

自分はそこまで深く考えずに購入してたまたま運が良くバッテリー交換型だったので良かったなぁと思っています。

いかがでしたでしょうか。トイドローンを購入される場合は

  • ドローンの予備バッテリー購入
  • バッテリー保存の袋があった方がよい

というドローンの体験をシェアしてみました!楽しいドローンライフを!

スポンサーリンク


tri-drone運営者プロフィール

ドローン操縦士 えいじ
一般社団法人
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
・操縦技能証明証 取得
・安全運航管理者証明証 取得国土交通省 全国包括申請 取得
(30m以内・夜間飛行・目視外飛行)一般社団法人ドローン大学校を卒業後
「ドローン操縦士」×「ブロガー」として活動
ドローンの体験を中心とした情報を執筆中

-トイドローン レビューブログ, ドローン練習・操縦訓練

Copyright© ドローンの体験をシェアしよう!tri-drone.com , 2018 All Rights Reserved.